ごあいさつ





置いてきぼりにしない教育を目指して・・・



昨今、教育の現場では『新学習指導要領』により非常に不安定の様相を呈しております。

現状でも、ゆとり教育にて抜け落ちた単元を拾い集め、一から積み上げの作業が続いている状態の中で、 「ゆとり」の下地を残したまま、学習単元だけが多く圧し掛かる。

そして、そのシワ寄せが現場の先生方や生徒のみなさんに降りかかってくるのです。


しかし、先生1に対して生徒35名のクラスで、全員に平均レベル以上の質の濃い教育が出来るでしょうか?


私たちハーベスト学院の理念は、そこで躓き、諦めかけている子たちに、学習の楽しさ、解る喜びを感じて頂き、 一度しかない人生の勝者になって頂きたいと思っております。

私たちハーベスト学院は、完全個別授業と定期テストの補習や北辰テスト対策等の集団授業を効率よく 組み合わせ、今まで「個別指導塾は高い」と言う概念を根底から覆しました。

講師陣も、教育指導力、教養、人間力等々に富んだ人材を選りすぐりお待ちしております。




さて、塾長兼、個別指導講師でもあります、わたくし「内藤 良一郎」を紹介させて頂きます。
現在、川口に住み20余年が経ちました。私の故郷は千葉県の『ど』が付く田舎の農村です。
小学校までは、山道を歩いて30分・・・中学校は、ヘルメットをかぶり自転車で30分の通学でした。


空気が美味しく、友達と遊ぶと言ったら、山の中で走り回ったり・・・歩いてすぐの大きな沼で釣りを楽しんだりと・・・ (よく、木苺を食べたり、木に登ってあけびをとったりしました・・・)

右の沼では、たくさん釣りをしたり・・・今でも最高の思い出です。



今、振り返りますと本当に野生児そのものでした。

あれから、30余年が経ち、わんぱくだった野生児も少しは成長致しました。 (探究心や新鮮な気持ちはあの頃と全く変わらない積りですが・・・)


学生時代は、その先を見てみたい、感じたい・・・と思うままにアルバイトをしたわずかなお金を手に、国内を放浪し、 いろいろな「人」の温かさに触れました。


社会にでると、「世界を見たい」+「人と触れ合うのが好き」=旅行会社の添乗員の仕事に就き、年間300日以上 (約10ヶ月)国内外を添乗しました。



(武南高校のオーストラリア修学旅行の添乗に向かう成田空港で・・・右側が私です。)

その仕事での経験は今でも私の礎になっております。


いま、こうして文章を書いているときも、世界で知り合った友人や、あの場所のあの景色もいっしょに動いている。 私は、いつもグローバルな視野、大きな考え方を意識しております。




人は、考えた方向や、見た方向に進むものです。



いろいろな考え方や生き方をたくさん学習することで、より多くの選択肢(目標)が生まれ、人生も心も豊かになります。


それが『真の教育(学習)の在り方』ではないでしょうか?



私が学生時代に一番心に残っている先生は、もちろん熱心に勉強を教えてくれた先生もそうですが、 人生を語り、将来に夢を見させてくれた先生・・・

そうです、 人生に「目標」の大切さと「素晴らしさ」を教えてくれた人生の先輩です。


中学生が今習っている、「比例・反比例」や「方程式」など、社会に出てから活用された方は少ないと思います。

いえ、いらっしゃらないかも知れません。(少なくとも私は普段の生活で使ったことはありません。)


しかし、数学的に今まで習得した知識を駆使し、数字や公式というパズルを使って、一つの答えをあらゆる方向から 思考し、正解を導くと言うプロセスにこそ、真の教育の本質であり、それを学び得とくすることは、社会にでてから ともて重要な事です。


しかし、実社会での経験がこれからの受験生は、
「なぜ勉強しなくてはならいのか?」
「一体、何の役に立つのか?」
と、要らぬ質問が先に立ち、中々先に進むことが出来ません。


そこが重要なのです。


今、社会が求めている人材は、この大きな社会の変化に
伴いどんどん変わってきております。



ハーベスト学院では、学校の定期テスト、高校受験ももちろんですが、皆さんが社会に出たとき、「その時」に適応し、 活きる人材育成を目指しております。



ハーベスト学院の目指す、総合学習塾とは、小学校・中学校の生徒様向けには、徹底的に「個」に こだわった学習のサポートです。

また、地域のコミュニティスポットとして、気軽に遊びに来て頂ける小学生向けの参加無料の「実験教室」や 「バルーン教室」をはじめ、遊び飽きたおもちゃを手軽に交換できる「キッズフリマ」イベント等、皆様が楽しめる 場をご提供できればと考えております。

ハーベスト学院は、ハイクオリティな授業をリーズナブルな授業料でご提供すべく尽力致しておりますので、入学 してから「あれも、これも・・・」と費用がかかることはございません。
詳しくは当ホームページにすべて公開してございます。

ご不明な点、また「入学説明会」は随時承っておりますのでぜひ、お気軽にご連絡をお待ちいたしております。

私も、大学を目指す高校生の息子と高校受験に挑む長女を持つ父親で、学校教育の現場を現実として目の 当たりにしております。

18年前に良かれとスタートした、「ゆとり教育」が結果として現在の状況を作り、地域格差や学力の格差が拡大し、 独自の教育理念を掲げる私立中学が人気を呼び、結果中学受験の拍車を招きました。

また、公立の学校選択制で、学校の特色を吟味して自由に選べると言うメリットの反面、風評や人気によって 集中傾向があり問題視している声もあります。

特に、おとなりのさいたま市では外国語に注力したり、中高一貫を増やす等、地域格差も開きつつあります。

「偏差値比較をなくし、ゆとりある教育」と言うのはいっけん聞こえは良いですが、その後に控えた受験戦争や社会へ出てからの厳しい競争とは相反するものと言えます。

私たちハーベスト学院は、地元川口の子供たちへ、これからますます拡大化する国際化社会で大きく飛躍できる グローバリゼーションな心を育てる場として・・・


また、集中して学問に取り組める場として、徹底的にこだわり、大事なお子様が目標を持ち、その目標達成に向けての誠心誠意サポートをさせて頂きます事をお約束します。



9割の生徒が著しく成績を伸ばしています。

努力は絶対に実を結びます。

最後に、この長文にお付き合い頂き、貴重なお時間を頂きました事に深く感謝申し上げます。


東日本私塾協会 参事
埼玉子供育成協議会 副会長
ハーベスト学院 塾長

内藤 良一郎

E-mail : info@elabo-earth.com